ノートパソコンの部屋

 

ちばホームページ
since H11.11.11


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
Panasonic
Let's note mini
(CF-M32 / AL-N4)
はminiの部屋へ
AL-N1T512J5
AL-N2T516J5
AL-N3T516J5
CF-L2XR8S
CF-02T8AJ
CF-M1EV
CF-M2XR8S
CF-M34J8S
CF-S21EJ8
CF-S23J8
CF-T1
CF-X1R
TOSHIBA
Libretto SS1000
TECRA8000
IBM(Lenovo)
ParmTopPC110
ThinkPad 235
ThinkPad 390
ThinkPad 560
ThinkPad 570系
ThinkPad 600X
ThinkPad G40
ThinkPad X23
ThinkPad X31
ThinkPad X60s
SHARP
Mebius PC-PJ1-M3V
NEC
PC-9801NS/R
PC-9801NX/C
SONY
PCG-505V
VAIO PCG-R505J/BD
Apple
PowerBook 2400
iBook
Yukyung
viliv N5
FUJITSU
FMV-6366NA3/L
LOOX T5/53W
AKIA
Tornado T516VX
EPSONDIRECT
EDiCUBE S150P
  (信頼メーカー順)
 
コラム
中古ノートの入手について
嫁さん用ノートPCの変遷に思う
子供用ノートPCも振り返り
Skypeにも使えるノート用マイクの自作
256MB化に使えるメモリ
 
★関連リンク★
miniの部屋
デジカメの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
自宅サーバー
ようこそブロードバンド
PC車内環境改善委員会
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
 
掲示板
更新履歴
トップページへ
 
場末のゲームコーナー
ネットで儲ける
 

ネット検索
Google


Amazonも検索

 
 
 

 

 




IBM ThinkPad X23 2662-ESJ



ThinkPad X20 の進化系。
X20/X21/X22/X23/X24/i1620 と続くX2x系でも
安定度の高いモデルになっています。



Windows XP搭載モデルのOSがHome Editionから
ProfessionalになったことがX22からの変更点です。

X20/21より容量の大きいバッテリーを搭載。
Bluetooth内蔵モデル(2662-EFJ)が用意されました。

Mobile PentiumIII-M-866MHz、チップセットはi830MP、
HDD30GB、標準搭載メモリは128MB(最大640MB)、
ビデオチップはMobility RADEON(ビデオメモリ8MB)
12.1インチTFT 液晶ディスプレイは解像度1024×768ドット。


279.4(W)×226.8(D)×24.9〜30.2(H)mm
B5ファイルサイズで、重量約1.68kg。
このサイズでもフルキーボードなのが嬉しい。


底面にマグネシウム合金、パームレストにCFRP素材、
天面にチタン配合のCFRP素材という3種類の素材を
使い分け、丈夫が売りだったThinkPadが戻ってきました。


ThinkPadボタンや独立したボリュームコントロールボタンで
使いやすさもアップしています。


この頃のモデルからつき始めた真ん中のスクロールボタンは、
トラックポイントと併用することでブラウザなどのスクロールを楽にします。


背面はDCジャックのほか外部ディスプレイ出力、USB 1.1、
100Base-TX対応Ethernet、V.90対応モデムポートが並びます。


右側面。奥にUSB 1.1ポートがある。手前はCPUファンの排気口。


左側面。マイク・ヘッドホンジャック、CF Type2スロット、
PCカードType2スロット、IEEE 1394(4ピン)、IrDA。


スピーカーは底面にひっそりとついている。


バッテリーをはずすと銅メッキが見える。ノイズ対策と思われる。


IrDAは裏返すとわかりやすい。


ビス1本はずすだけでHDDユニットが取り出せる。
あとはビス4本でHDDが交換可能。
X2x標準のHDD(TravelStar20〜30GB)は比較的故障しやすいので、
早めに交換したほうがいいでしょう。


PC133のSDRAMが使えます。





ウルトラベースX2


FD/CDドライブが手前側にあり使いやすい。
初代ウルトラベースはFD/CDドライブが両サイド、
ウルトラベースX3はFDドライブはなくCDドライブは右サイド。


高価なウルトラベースを買う人はこれらのドライブを
よく使うからこそ買うのだということを考えれば、
ウルトラベースX2こそ最高のウルトラベースと言えよう。


ウルトラベースの両サイドにはスピーカーがついている。
下向きに傾斜しているので、テーブルなどの反射するところに
置いた場合、けっこうな音の拡がりが感じられる。


シリアル・パラレル・PS/2といったレガシーポートを装備、
ACアダプタとともにつなぎっぱなしにしておける。


光学ドライブは簡単に取り外しが可能。


CD-ROMドライブからCD-RドライブやDVDコンボドライブへと
ユーザー自身で変更することができる。


本体との拡張コネクタ部分。
初代ウルトラベースより接触不良が起きにくくなった・・・ような気がする。






 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。