ノートパソコンの部屋

 

ちばホームページ
since H11.11.11


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
Panasonic
Let's note mini
(CF-M32 / AL-N4)
はminiの部屋へ
AL-N1T512J5
AL-N2T516J5
AL-N3T516J5
CF-L2XR8S
CF-02T8AJ
CF-M1EV
CF-M2XR8S
CF-M34J8S
CF-S21EJ8
CF-S23J8
CF-T1
CF-X1R
TOSHIBA
Libretto SS1000
TECRA8000
IBM(Lenovo)
ParmTopPC110
ThinkPad 235
ThinkPad 390
ThinkPad 560
ThinkPad 570系
ThinkPad 600X
ThinkPad G40
ThinkPad X23
ThinkPad X31
ThinkPad X60s
SHARP
Mebius PC-PJ1-M3V
NEC
PC-9801NS/R
PC-9801NX/C
SONY
PCG-505V
VAIO PCG-R505J/BD
Apple
PowerBook 2400
iBook
Yukyung
viliv N5
FUJITSU
FMV-6366NA3/L
LOOX T5/53W
AKIA
Tornado T516VX
EPSONDIRECT
EDiCUBE S150P
  (信頼メーカー順)
 
コラム
中古ノートの入手について
嫁さん用ノートPCの変遷に思う
子供用ノートPCも振り返り
Skypeにも使えるノート用マイクの自作
256MB化に使えるメモリ
 
★関連リンク★
miniの部屋
デジカメの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
自宅サーバー
ようこそブロードバンド
PC車内環境改善委員会
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
 
掲示板
更新履歴
トップページへ
 
場末のゲームコーナー
ネットで儲ける
 

ネット検索
Google


Amazonも検索

 
 

 

 

 




Panasonic Let's note CF-T1/T2


CF-T1/T2 分解編

 

 

 

 

自己責任

 

 

 

 

 

このページの内容は改造行為です。参考にされる方は
ご自身の責任のもとで行ってください。
もし、作業に失敗して壊してしまったら、そのときはメーカーに
修理を拒否されてもしかたがない、という覚悟と自覚が必要です。

 

 

 

 


HDDを換装したついでに覗いたときの記録です。
CF-T1はロジック部3.3VのHDDを使用しています。
換装は対応するHDDを用意してからはじめましょう。


CF-T1/T2のビスはとても小さい上に固く締まっているので、下準備として
#00のいいドライバを用意しましょう。逆にぴったりなドライバさえ用意
できれば、ドライバ1本でどんどんバラせるすばらしい設計の機体です。
今回は20年ほど前に買ったベゼルの9900が活躍しました。


まず、パームレスト両脇のプラスチックをはずします。
奥側を浮かせてから、手前にスライドさせるとはずれます。
ドライバでこじると傷つくので爪を使いましょう。


裏側はこのようになっています。おわかりいただけますでしょうか。


右側カバーをとりはずすと無線LANのアンテナ基板が剥き出しになります。
このあとの作業で折ったり傷つけたりしないように注意しましょう。


左側カバーの中はご想像のとおりです。


DCジャック横のネジ止めしてある目隠し板をはずします。


こちらもアンテナ基板があらわれます。


とりはずした目隠し板はなくさない程度によけておきます。


底面のビス13本をはずします。奥の2本は太いので区別しておきます。


キーボードを奥から持ち上げます。


フレキシブル基板を穴から引き出したところで、
キーボードをパームレストにひっくり返して置きます。
以降、放熱用のグリスには触らないように注意します。


コネクタのロック(肌色の部分)をはずし、フレキシブル基板を引き抜きます。
写真はロックがはずれている状態です。
(写真の位置まではずせばフレキシブル基板を引き抜くことができます)


スピーカーのコネクタをはずします。


黒いビスを9本はずします。


上フレームを手前から持ち上げていくと、
パッドの接続コネクタが見えるので、はずします。
これで上フレームを取り去ることができ、HDDにアクセスできます。


HDDを取り出し、保護カバーとコネクタをはずしたところ。


HDDの端子部。44ピンがはじめからない。


HDDラベルのアップ。5V & 3.3V の文字が見える。


HDDのコネクタ。44ピンは挿さらないようになっている。


41ピンはロジック系、42ピンは回転系の電源ですが、CF-T1/T2は
41ピンに3.3Vを供給しているので、用意したHDDの41ピンを折り、
42ピンからの5Vのみで動作するよう変更して対応します。よって
換装するHDDは41ピンと42ピンが導通しているものを用意します。




以下、おまけ。


無線LANカードの上にはスポンジのカバーが貼りついている。


無線LANカードには2本のアンテナケーブルがささっている。


無線LANカードをとりはずしてみた。
これをIEEE802.11g(54Mbps)のカードに変えている人もいます。


無線LANカード。裏側。


チップセットから5本のひげが出ているのを発見。


Intel inside グリスは銀入りっぽい。


HDD、無線LANをはずしたところ。すごくシンプルな構成。


スピーカー。薄ければ大きいものに変えられそう。


○パッドの裏側。


クリックスイッチ。薄いなぁ〜。


キーボードの裏側。熱伝導性を良くするために銅板が貼ってある。







 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。